プロフィール
礼
食べることが好き・ネコが好き・映画が好き・読書も好き・お酒も好きです・少林寺拳法も程程に好きです ※写真は少林寺拳法ロゴ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2011年07月26日

ボランティア状況

【塩竈道院拠点としての活動】
現在の状況は以下の通りです。

概略、多賀城は登録制となり週末1・2名の参加で、スポット的に参加する人達は七ヶ浜町で活動していただいております。 今後、人数が多い場合は、東松島で活動するようになります。
尚、七ヶ浜までの交通手段は、車での移動となり朝は30分程度の移動時間となります。

【近隣ボランティアセンターの状況】
<多賀城市のボランティアセンターについて>
多賀城市のボランティアの状況は、復興支え合いセンターに名称変更に伴い以下の通り変更になりました。
・活動は金・土曜日に限る。
・基本的には県内者が中心。
・前もっての登録が必要となり、こちらの都合での参加は難しい状況である。
お風呂については、自衛隊のお風呂は現在なくなりましたので、スパー銭湯(極楽湯)を無料で利用できます。

<七ヶ浜町ボランティアセンターについて>
七ヶ浜については、かなりの仕事量があり大企業も入っている。
七ヶ浜町ボランティアセンターでは、現在ニーズ調査を行っており、今月下旬には今後の動向を決めるそうである。とはいえ、今後もボランティアを必要としていると思われる。
塩竈道院宿泊の拳士は、七ヶ浜で活動をしております。 現在の状況としては、団体(5人以上)での参加はお断りしている状況である。しかし、個人での参加は問題無いとのことなので、5人以上でも個人として登録し参加しております。
ボランティア後のお風呂については、入ることが出来ませんが隣のサッカー場でのシャワーが可能です。このシャワー設備については、男女4室ずつ有り誰でも使用可能です。但し、石鹸・シャンプー等は各自持参となります。
また、8月13日~16日については、お盆休みとなっております。

<東松島市ボランティアセンターについて>
東松島のボランティアセンターについては、まだ行ってはおりません。ネットでの情報では、以下の通りです。尚、当道院からは車で30分から40分の距離である。人数が多い場合のバッハになると思います。
・毎週月曜日は定休日(但し、月曜が祝日の場合は活動し、その翌日が代休となります。
・団体(5名以上)は、予約が必要です。但し、当地で活動経験がある団体のみ受入る)
・ボランティア保険は、出発地で入る必要がある。但し、多賀城や七ヶ浜で一度加盟されている方は問題ない。
お風呂やシャワー設備は無いので、塩竈道院までの帰り道で、温泉(松島:癒しの湯、500円)が良さそうである。

<塩竈市ボランティアセンターについて>
 塩竈市ボランティアセンターについては、開設されてはいるものの現在は市民からの依頼の受付のみを行っている。実際のボランティア活動(どろ出し、片付け等)は、塩釜カトリック教会を会場に20名程度で活動している。この団体は、カリタスジャパンといいカトリックの世界的組織であるようである。
 少林寺拳法からの参加は可能ですが、現在は浦戸諸島を中心に活動をしており、朝夕の定期船を使用しての活動となります。

【塩竈道院の受け入れ状況等】
塩竈道院の受け入れについては、何時でも可能で人数については50名位までは宿泊可能である。
しかし、現在は本部職員は常駐しておりませんので、どなたかが中心になり活動と食事等の割り振りをすることになります。

移動手段は、本部のワゴン車(1台)・三菱のジムニー(1台)がある。乗用車で来られた方についてはマイカーをご利用いただいています。

ボランティアの以来の内容については、以前の泥サライと床下の泥サライとは変わり、「引っ越しの手伝い」、「ガレキの撤去」、「砂浜のゴミ拾い」、「ボランティアセンター内の仕事」、「仮設住宅入居者のお世話」、「個人宅の庭の片づけ」、「側溝の土砂のかき出し」等、様々な状態です。

その他
・かなり暑い日が続いており、作業も大変ですが暑さが一番ききます。
・塩竈道院では、お風呂に入れなかった方のために仮設のシャワーを設置しました。

写真は、三重県の中山先生と栃木県の舟生先生の団体達で 7月23日(土)